ポルシェは車をブロックチェーンの1つにする

ドイツ大手自動車メーカー「ポルシェ」がベルリンに拠点を置くXAIN社と協力して、ブロックチェーン技術を活用した新サービス開発中であることを発表した。

ポルシェ
2018/02/22付けプレスリリース

 

ポルシェはブロックチェーンを活用して何をしようとしているのか

公式プレスリリースを読む限り、ポルシェが行いたいのは以下になる。

  • ブロックチェーン技術を自動車に搭載することで、高速かつ安全な方法でサーバー無しで自動車同士を接続する
  • 暗号化されたデータ取得により自動運転技術が向上させる
  • ポルシェユーザーにサービスを提供したい企業は、ポルシェが採用するスマートコントラクトを活用するだけで、ブロックチェーン内にある顧客に安全にすぐにサービスを提供する事ができる
  • ポルシェユーザーは(ブロックチェーン内にある)操作アプリによって(従来の6倍、1.6秒で!)ドアの施錠/解錠を行う事ができる
  • ポルシェユーザーはこれらを安全に利用する事ができ、遠隔でアクセス権の付与や監視をする事ができる

 

ポルシェ社によるプロモーション動画

 

 

気になること

ポルシェ社によるプレゼン

当然だが、連携しているアプリが入ったスマートフォンを盗まれたらどうするの!?などのセキュリティ面は心配だが、完全完璧なセキュリティなんてものは存在しない。穴はあるし、見つける人は見つけるし、悪用する人は悪用する。

それよりも「ブロックチェーン×自動運転」がかなり気になります。

電気自動車×自動運転の最先端を行くテスラ社の自動車を運転した事がある人はイメージしてもらえると思う。

テスラ車に搭載されている便利な機能は沢山ある。
例えば、いつも同じ場所で車高を変えている場合、その場所に行くだけで自動的に車高が変わるようになる、など。

ポルシェが自動運転でどこまで来るか分からないが、ブロックチェーン技術を活用したサービス向上は他の会社もぜひ取り入れて欲しいと思っています。

 

ポルシェ社公式リリース
「Porsche introduces blockchain to cars」
https://newsroom.porsche.com/en/themes/porsche-digital/porsche-blockchain-panamera-xain-technology-app-bitcoin-ethereum-data-smart-contracts-porsche-innovation-contest-14906.html